クリニックとエステサロンの脱毛機の違い

subpage01

クリニックで使用される脱毛機は医療用の強力なレーザー光線を使用するタイプです。エステサロンで使用される機器にはレーザー式のものもありますが、他にも様々な種類が存在します。

レーザー光線を使用するタイプは、メラニン色素にレーザー光線を照射して毛根にダメージを与えて脱毛します。


医療用とそれ以外に分類でき、出力が強い医療用の場合には永久脱毛することも可能です。


医療用以外の脱毛機は永久脱毛するほどの効果はありませんが、肌をツルツルにすることはできます。
一般的なクリニック以外で使用される脱毛機にはレーザー式の他にもフラッシュ式やサーミコン式、バルジ式のものが存在します。

フラッシュ式はレーザー光線よりも弱い光を広範囲にわたって照射し、毛根にダメージを与えます。

脱毛のための期間は長くなりますが1回の使用時間はレーザー式よりも短くて済みます。
またレーザー式より出力が弱いため肌への負担も少なくできます。サーミコン式は熱線を利用して毛を焼き切ると同時に毛根まで熱を伝えてダメージを与えます。バルジ式は毛根ではなく幹細胞のバルジ領域を破壊して脱毛します。


幹細胞のバルジ領域は発毛因子を作りますが、破壊されると発毛因子を作ることができないため毛が再生しなくなります。バルジ式は光と熱を使用して幹細胞のバルジ領域を破壊します。
脱毛機には様々な種類が存在しますが、完全に永久脱毛をするならばクリニックのレーザー式脱毛機を利用する必要があります。